個別紛争あっせん メンタル不調者へ配慮を 補佐人の同席容認 全労委総会

2013.12.09 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

労委活性化に向け議論

 全国労働委員会連絡協議会は、第68回総会を東京都内で開き、個別労働紛争のあっせん手続きのあり方について各労働委員会公労使委員が議論した。メンタルヘルス不調を抱えた労働者に関する紛争が増加していることから、メンタルヘルス不調者の精神的な負担が大きくならないようなあっせん期日・実施場所の設定が必要になるとの意見があった。さらに補佐人の同席を認めるなどのきめ細かい配慮を行うことで、労働委員会の利用促進や活性化につながるとの指摘がめだった。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年12月9日第2948号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ