労働委員会制度 課題対応で検討組織新設へ 全労委総会

2018.11.22 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

事件処理数に地域差 ノウハウ継承など不可欠

 11月8~9日に東京で開催された第73回全国労働委員会連絡協議会総会で、社会情勢の変化に伴う労働委員会制度の新たな課題への対応について委員が議論した。合同労組による新規申立て事件の増加などを背景に事件処理件数の地域差が生じている現状などを踏まえ、近畿ブロックの委員が、都道府県労委と中労委が一体となって課題への対応を検討・協議する新組織の設置を提案し、承認された。申立てが少ない地域における委員の経験・ノウハウの継承も課題に挙がった。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年11月26日第3186号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ