【追跡レポ】八千代工業/多能工化推進策 手作りの訓練設備で研修

2012.10.08 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

現場と同じ環境を整備 他工程も自由に経験へ

サンルーフの組立作業訓練を指導する上田さん

 自動車部品の開発・製造と軽自動車の組立事業を行う八千代工業㈱(埼玉県狭山市、辻井元社長、従業員数・単独2294人、連結7484人)では、現場と同じ条件で作業訓練を行う「実践的研修」に力を入れている。工場の一角に、自動車の室内を模した「疑似車内空間」を出現させたのを手始めに、今年度、各組立ラインを再現した訓練施設を、社員による手作りで完成させた。新しい作業に移る前の訓練がメインだが、担当外でも希望者は研修に参加できる。グローバル化に対応できる多能工化を進める人材育成策の一環である。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年10月8日第2892号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ