【追跡レポ】ジェイアールバス関東/安全対策 運転中の視線などデータ化

2016.04.27 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

訓練専用車で癖把握 事故、対応策を同時展示

例年2月には、雪上で坂道発進などを訓練している

 ジェイアールバス関東㈱(東京都渋谷区、万代典彦代表取締役社長、986人)は、安全研修センターを設置し、日本で唯一の高速バスタイプの訓練専用車を使ったドライバーの安全教育に力を入れている。新人ドライバーは約2カ月間の入社時教育をする。それ以外のドライバーは、3年毎に1日の研修を実施、訓練専用車を使って目の動きなどの癖を把握し、各支店に戻ってから改善に努めている。センターに併設する「事故の歴史展示室」では、過去の事故事例を示しつつ、その時にどういう対応策を講じたかを伝えている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年4月25日第3062号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ