【追跡レポ】ミツハシ/生産マイスター制度の活用 現場力向上めざし導入

2016.09.28 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

協力会社社員も受験 食の安全 国際基準合格に効果

帽子にマークを貼付し“見える化”

 精米・炊飯などを行う「コメの一貫メーカー」の㈱ミツハシ(神奈川県横浜市神奈川区、木津嘉人代表取締役社長兼COO、246人)では、製造現場において「生産マイスター」プログラムの活用が進んでいる。安心・安全なコメ製品の製造に向けて必要な知識を生産マイスターで学習し、現場力を引き上げている。国際的な食品製造の安全基準対策にも一役買った。現在は、工場内で働いている協力会社の社員も巻き込んで取り組みを進める。合格した級によって帽子にシールを貼ることで、社員のやる気アップにもつなげている。

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年9月26日第3082号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ