【追跡レポ】飯山特殊硝子/技術系社員の育成 技能習熟度表すマップ導入

2016.12.21 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

職場内で競争心煽る 共通言語化へ辞典作成も

 光学ガラスの精密・特殊加工業の㈱飯山特殊硝子(東京都大田区、飯山正治代表取締役社長、62人)では、個人の各工程における技能習熟度が一目で分かり競争心を煽る「多能工マップ」の張り出しや、個人個人がそれぞれに使っている独自の用語を一まとめにし、共通言語化を図った「飯山辞典」の作成などによって、スムーズな技能継承と若手人材の育成を図っている。新入社員に対しては、マニュアル化した独自のカリキュラムで基礎教育を施すとともに、OJTによる教育も実施する。

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年12月19日第3093号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ