【追跡レポ】武州工業/1個流し生産 IT化進めてムダ排除

2016.07.06 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

労働時間短縮にも 独自の製造システム構築

3畳程度のスペースに機械を並べ1人で作業し製品を作る

 武州工業㈱(林英夫代表取締役、東京都青梅市、164人)では、独自の「1個流し生産」体制を確立し、生産性向上に努めている。オリジナルのウェブシステム「BIMMS(ビムス)」などと合わせることにより、ムダの排除に成功し、徹底したコストカットが進んでいる。2012年には大卒の採用も開始。それに合わせて分かりやすく、若手が昇給しやすい賃金体系・評価制度に改めた。入社してすぐに難易度の高い技能を取得させることで、多能工化を進め、仕事の属人化も防止している。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年7月4日第3071号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ