賃金と相殺する? 会社のお金使い込む

2013.03.25
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 従業員が、会社の懲罰委員会で、会社のお金を使い込んだことを認めました。金額は少額で、本人から退職願を提出させ、諭旨退職という形を採ります。使い込んだお金は賃金で相殺したいと考えますが、いったん支払って本人が返済する形を採るべきでしょうか。【千葉・K社】

A

同意と控除協定が条件

 労基法24条では、「法令に定めがある場合、賃金控除協定を締結している場合に限り、賃金の一部を控除できる」と定めています。それ以外は、全額払いの原則が適用され、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年3月25日第2914号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ