人事・労務・安全衛生の労働実務相談Q&A

2019.04.02

生活費も賃金になる? 住込みでの就業を希望

ジャンル:
  • 労働基準法
  • 賃金関係
Q

 スキューバダイビングのインストラクターとして働きたいと、都会から島のリゾートホテルに住込みでの就職を希望してきた若者がいます。受け入れるに当たり、給料を支払うほか生活費も一部まかなうことになりそうなのですが、法律上賃金として取り扱うのはどのようなものなのか、いくつか例を挙げて教えてください。【沖縄・U社】

A

使用者の払う「対償」が該当

 賃金は「通貨払い」が原則ですが(労基法24条1項)、労働者の同意を得た口座振込み(労基則7条の2)や、労働組合との協約で取り決めた現物支給など例外もあります。

 そもそも賃金とは、…

回答の続きはこちら
2019.02.25

就業条件明示との統一は 労働条件通知も別途必要

ジャンル:
  • 労働基準法
  • 賃金関係
Q

 当社は派遣元ですが、労基法の労働条件通知について質問があります。平成31年4月から、メールによる通知も可能になると聞きます。この機会に、派遣法の就業条件の明示と統一したいと考えています。両者の取扱いは、基本的に同じと考えてよいのでしょうか。【愛媛・I社】

A

法改正後は兼用もできる 共にメールの利用可能に

 使用者は、労働契約の締結に際し、労働条件を明示する義務を負います。「労働条件」のうち、次の事項に関しては、「厚生労働省令で定める方法」による必要があります(労基法15条1項)。

① 労働契約の期間
② 有期契約を更新する場合の基準
③ 就業の場所・従事すべき業務…

回答の続きはこちら
2019.01.28

割増支払う義務どちらに 副業・兼業の解禁を検討

ジャンル:
  • 労働基準法
  • 賃金関係
Q

 世の中の趨勢に合わせて、当社も雇用する社員に対して副業・兼業の解禁を検討しています。懸念されるのが労働時間の管理ですが、当社の所定労働時間は7時間なので通常は時間外の割増賃金は発生しないものの、当社の勤務終了後に副業先で就業すると、その日の労働時間が8時間を超えた段階で割増賃金が発生すると説明されました。この場合は副業先で当該割増を支払うものと理解していますが、仮に1日の労働のうち副業先での就業が先で、その後当社で就業した結果8時間を超えた場合は、当社のほうが時間外の割増賃金を支払うことになるのでしょうか。【東京・N社】

A

原則は後に契約したほう 本業側が義務負うことも

 原則として1人の労働者が1日に8時間を超えて労働した場合、使用者は最低でも通常の労働時間当たりの賃金に25%の割増額を加えた賃金を支払う義務があります(労基法37条)。これは労働者が労務を提供する事業場ごとではなく、あくまで1日の労働について法定労働時間の8時間を超えた場合に適用されますので、副業や兼業により別の事業場で同じ日に就業した労働時間は、全て通算されます(同法38条)。…

回答の続きはこちら
2019.01.09

フレックスの割増計算は 清算期間を3カ月に延長

ジャンル:
  • 労働基準法
  • 賃金関係
Q

 フレックスタイムで清算期間を3カ月に延長することができるようになるといいます。これまでは時間外労働の対象となるのは、月の総枠を超えた場合のみでした。時間外が生じるパターンとしてどういったケースが想定されるのでしょうか。【広島・L社】

A

残業4パターンあり注意 月平均し50時間超みる

 フレックスタイム制に関する労基法32条の3は、清算期間を1カ月以内の期間に限るものとしています。この期間が、3カ月以内の期間と改正されました。施行は平成31年4月1日です。3カ月以内ですから、これまでどおり1カ月のままでも差し支えなく、また、1カ月半などの清算期間でもよいと考えられます。…

回答の続きはこちら
2018.11.16

同一月内の振替で不十分!? 1カ月変形採る事業場 週と月でチェックを

ジャンル:
  • 労働基準法
  • 賃金関係
Q

 顧問先の社長さんですが、休日の振替に関して意見の食い違いが生じています。「同一週内の振替に限り、割増不要」という説明をしたところ、「当社は1カ月変形制を採っているんだから、同一月内で振り替えれば足りるはず」と主張して譲りません。1カ月変形制だからといって特例はないと思いますが、どのように説明すべきでしょうか。【千葉・I社労士】

A

月またぐとき注意必要

 社長さんは基本的に勘違いされていますが、社労士としては相手の論点にも配慮した丁寧な回答を心がけたいところです。

 議論の前提として、「同一週内の振替」について、確認しましょう。解釈例規では「振替により週の労働時間が1週間の法定労働時間を超えるときは、その超えた時間について割増賃金の支払が必要」とされています(昭22・11・27基発401号)。

 同一週内で振り替えれば、週の労働時間総計は変わりません。しかし、週をまたぐと、…

回答の続きはこちら

年月アーカイブ

ページトップ