人事・労務・安全衛生の労働実務相談Q&A

2020.09.18 【労働基準法】

原則どおり支払って良い? 歩合給者へ減給制裁 最低保証額と比べ高いが

ジャンル:
  • 減給制裁
  • 賃金関係
Q

 総務経験者ですが運送会社に再就職し、一般業種と異なる点が多いのに驚いています。入社早々、服務規律違反で減給制裁を科す事案が発生しました。ドライバーの賃金はおよそ半分が歩合給です。「付け焼刃」の学習で、歩合給者の平均賃金には、最低保証の規定を適用すると理解していましたが、実際に計算すると原則どおりの方が高くなります。そのまま支払って問題ないでしょうか。【山口・H社】

A

フルタイムなら妥当な額

 減給制裁の額は、原則として「平均賃金の半分」以下とされています(労基法91条)。平均賃金は、通常、「事由の発生した日以前3カ月の賃金総額を、その期間の『総日数(暦日数)』で除して」算出します。しかし、最低保証の規定が設けられています(同12条1項)。

 対象となるのは、「日給制、時間給制、出来高払制その他の請負制」を採る場合とされています。…

回答の続きはこちら
2020.09.15 【労働基準法】

時間外の割賃発生? 深夜に再出社求める

ジャンル:
  • 割増賃金
  • 賃金関係
Q

 不測の事態が発生し、一度帰宅した従業員を再出社させ、午前0時半~午前3時まで対応に当たらせました。当社の通常の始業時刻は午前9時でその前の労働ですが、時間外の割増賃金の支払いは必要ですか。【熊本・O社】

A

継続といえず1日内で判断

 労働時間の考え方に関しては、「1日とは、午前0時~午後12時までのいわゆる暦日をいうもので…継続勤務が2暦日にわたる場合には、たとえ暦日を異にする場合でも1勤務として取り扱」うとしています(昭63・1・1基発1号)。また、労基法37条の時間外に対する割増賃金関係では、勤務が継続し翌日まで超過した際は、その翌日の始業時刻までの労働について時間外等の割増賃金を支払えば良いとしています(平11・3・31基発168号)。…

回答の続きはこちら
2020.09.04 【労働基準法】

欠勤控除は反映するか? 低廉になる平均賃金 休業手当支払いにつき

ジャンル:
  • 休業手当
  • 賃金関係
Q

 店舗改装の関係で会社都合の休業日が発生しますが、できる限り本人同意のうえで、年休を当ててもらう予定です。ところが、メンタル不調気味で年休をすべて消化し、さらに出・欠勤を繰り返している従業員がいます。当社は、欠勤時には月給の22分の1を控除していて、休業手当の支払いのために平均賃金を計算すると非常に低い額になります。そのまま支払って問題ないのでしょうか。【富山・B社】

A

しなかった場合で計算を

 使用者の責めによる休業の場合、平均賃金の6割以上の休業手当を支払います。この平均賃金は、事由発生日以前3カ月の賃金総額を総暦日数で除した金額を用いるのが原則です(労基法12条1項)。

 ただし、日給・時間給制、出来高払い制その他請負制による場合は、…

回答の続きはこちら
2020.08.28 【労働基準法】

日給作業員の割賃は? 労働時間が日々変動 1カ月変形制に準じたい

ジャンル:
  • 割増賃金
  • 変形労働時間制
  • 賃金関係
Q

 当社では、一部の現場作業員に対し、日給計算・月払いで賃金を支払っています。正社員に対しては、1カ月単位の変形労働時間制を適用していますが、「現場作業員に対しても、それに準じた勤務スケジュールを当てはめられないか」と考えています。1日の所定労働時間が変動する場合、日給作業員の割増賃金は、どのように計算すれば良いのでしょうか。【山形・Y社】

A

1週平均方式などで計算

 賃金制度をその計算期間で分類すると、時給・日給・月給制等に分かれます。一方、清算期間による分類も存在します。

 日給制といっても、その名のとおり、日々支払うパターンもあれば、ご質問にあるように、日給計算・月払いというパターンもあります。

 紛らわしいですが、日給月給制という仕組みもあります。これは、…

回答の続きはこちら
2020.08.25 【労働基準法】

平均賃金はどう計算 嘱託となり約2カ月に

ジャンル:
  • 休業補償
  • 再雇用
  • 定年
  • 賃金関係
Q

 定年後引続き嘱託として働く従業員が、業務上の理由でケガをし3日間休業しました。現在、嘱託契約を締結してから2カ月ほどですが、休業補償を支払う際に用いる平均賃金はどう算出すれば良いでしょうか。【群馬・F社】

A

定年前含め3カ月間で

 労基法では、平均賃金について、原則、算定すべき事由の発生した日以前3カ月間に支払われた賃金の総額を、その期間の総日数で除した金額としています(労基法12条1項)。賃金締切日がある場合は、直前の賃金締切日から起算します(同条2項)。…

回答の続きはこちら

年月アーカイブ

ページトップ