マージン率の計算に含む? 教育訓練や福利厚生費 人件費か否かで差生じる

2013.03.25
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 改正派遣法により、マージン率の公開が法定義務化されました。当社は、顧客ニーズに応えると同時に、従業員の定着率を高めるため、教育訓練・福利厚生の充実に努めています。こうした費用を人件費に含めるか否かで、マージン率に大きな差が出ますが、どのように処理すべきでしょうか。【東京・T社】

A

項目分けて情報提供を

 マージン率は、「(派遣料金平均―派遣労働者の賃金平均)÷派遣料金平均」と定義されています(派遣法23条5項)。情報公開の時期は、「改正法施行(平成24年10月1日)後に終了した事業年度分から公開。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年3月25日第2914号16面 掲載
ページトップ