配慮義務の強制力は? 派遣先にも「義務規定」

2019.03.26
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社でも複数の部署で使用している派遣社員について、来年から様ざまな義務規定が強化されると聞きました。法律の文言では「努力義務」が「配慮義務」になるものと、「配慮義務」が「義務」になるものがあるようですが、とくに「努力義務」と「配慮義務」の間では、義務として強制される程度についてどのような差があるのでしょうか。【群馬・K社】

A

「配慮の実績」が要求される

 2020年4月より、派遣先における派遣労働者の適正な就業の確保のため、講じるべき措置等の義務が強化されます。

 例を挙げると、派遣先での業務の遂行に必要な能力を付与するための教育訓練等について…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成31年3月25日第3202号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ