意見聴取のやり方は 派遣先での期間更新

2016.01.11
Q

 法改正を受けて、長年付き合いのある派遣先の会社と会合の場を持ちました。今後は業種を問わず最長3年の期間の制限を受けることになり、更新するには労組からの意見を聴かなければいけないことについて、「とりあえず話を聴いて記録を取ればいいか」と尋ねられました。派遣元としてどのようにお答えしたらよいでしょうか。【京都・R社】

A

「誠実な対応」が求められる

 今般の法改正で、有期雇用の派遣労働者については業種を問わず、原則派遣期間が制限されることになりました。労働者個人が同じ組織単位で就労できる期間(派遣法35条の3)と、…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成28年1月11日第3048号16面
ページトップ