派遣先各営業所で手続き? 受入期間3年を延長 「ひとまとめ」できないか

2018.09.14
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 まもなく派遣契約の更新時期が到来するので、「派遣可能期間(事業所単位)」の延長手続きを考えています。当社は本社と複数の営業所で構成されていて、営業所の中には小規模なものもあります。派遣契約の日付が同じ(または隣接する)営業所についても、それぞれ個別の手続きを要するのでしょうか。【広島・S社】

A

責任者の有無は基準に

 派遣法では、「事業所その他派遣就業の場所(派遣先の事業所等)ごとの業務」について、3年の期間制限(事業所単位の期間制限)を課しています。しかし、過半数労組(ないときは過半数代表者)に対する意見聴取等を条件として、最長3年サイクルの延長が可能です(40条の2)。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年9月17日第3177号16面 掲載
ページトップ