就業継続させるには 事業の許可出ない場合

2018.09.04
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 もともと特定労働者派遣事業をしておりましたが、かつての一般労働者派遣事業と完全に一本化されるため、諸々の要件を満たす必要に迫られています。ある派遣先には当社の無期雇用のスタッフが期間の制限なく使用できて喜ばれていますが、仮に要件が満たせず派遣ができなくなると、当該派遣先から引き上げなければいけなくなるでしょうか。【東京・S社】

A

直接雇用や請負に変更

 今年9月30日をもって、以前の「特定労働者派遣」も、一定の要件を具備して厚労省の許可を得られなければ事業が継続できなくなります。労働者を引き続き派遣先で就労させる場合、派遣先に直接雇用してもらうことが考えられます。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年9月3日第3175号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ