雇用申込み一部免除に 正社員かどう判断する?

2013.01.14
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 派遣法の改正で、「派遣社員が正社員のときは、派遣先による雇用の申込み義務が一部免除された」と聞きました。免除されないケースも残りますが、今後、派遣先はどのような基準に従って「申込みが必要か否か」を判断すればよいのでしょうか。【山梨・M社】

A

「元」からの通知で確認

 派遣先による「申込み義務」には、2種類あります。第1は派遣受入期間の制限のある業務に係る規定(派遣法40条の4)、第2は派遣受入期間の制限のない業務に係る規定(同40条の5)ですが、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年1月14日第2904号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ