派遣先マタハラの対処は 指揮命令者が交代を示唆

2017.10.11
Q

 当社は派遣会社ですが、派遣先会社の管理職がマタハラ的な言動を繰り返しています。女性の派遣社員が妊娠し、派遣先の同僚から祝福を受けていたのですが、この管理職は「妊娠したのなら、別の人に代わってもらわないと、仕事に差し障りがある」と発言しました。その後も、事あるごとに「交代」を示唆します。どのように対応すべきでしょうか。【福岡・R社】

A

個人的見解なら嫌がらせ 会社指示は不利益取扱い

 マタハラの防止措置は、派遣先・元の両方が負うとされています(派遣法47条の2)。管理職の発言が、「会社の意思を背景とする」のか、「個人的な意見の表明」なのかで、対応が異なります。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 安全スタッフ 平成29年10月15日第2292号
ページトップ