本人希望で直接雇用に? 派遣受入れから半年経過 募集情報を通知し応じた形

2016.11.21
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 受け入れ後半年が経過する派遣労働者がいますが、所属部署の管理者が能力を高く評価し、直接雇用したいと上申しています。派遣法では、「労働者募集情報の提供」を義務付けています。法に基づく通知を受けた派遣労働者が「自発的に採用希望を申し出た」形にすれば、派遣元に対しても説明しやすいという意見が総務部内にありますが、そんな都合の良い話が通るのでしょうか。【広島・Y社】

A

「引抜き」の手数料確認

 派遣法では、派遣元に対して雇用安定措置を義務付けると同時に、派遣先にも直接雇用に向けた配慮を要請しています。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年11月21日第3089号16面 掲載
ページトップ