意見聴取する相手は? 所属労組バラバラで

2018.07.02
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社では、派遣労働者を受け入れていて、事業所単位の受入期間の抵触日に備え、意見聴取を検討中です。事業所には少数労組がいくつかあります。意見聴取の相手方はどう考えればいいのでしょうか。【長野・T社】

A

連名にせず代表者選任

 派遣法が平成27年9月30日に改正され、同年10月1日以降に締結・更新する派遣契約に基づく派遣には、2種類の受入期間の制限がかかります。仕組みは、過去の紙面(3045号3048号16面)で取り上げましたが、派遣労働者個人と、派遣先の事業所の両方にかかってきます。ご質問は、後者の件になります。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年7月2日第3167号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ