事業所の新設に当たるか 人事管理等は本店で処理

2015.01.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 独立して一般労働者派遣事業を始め、ようやく軌道に乗ってきました。このたび、小さな営業所を設置しようと計画していますが、派遣社員の募集・派遣先の開拓のみ行う予定です。給与計算をはじめ、人事管理に関する事務は、すべて本店で処理します。その場合も、事業所の新設ということで届出が必要なのでしょうか。【山梨・Q社】

A

独立性あれば一事業に 労働保険関係一括しても

 一般労働者派遣の許可は「事業主単位」で行われますが、許可を受ける際には、各事業所の名称等も申請書に記載します(派遣法5条2項)。事業所の新設・廃止等があるときは、変更の届出が必要になります(同11条)。

 届出の対象となるのは、次のいずれの条件も満たす場合です。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年1月15日第2226号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ