26業務は新法でどうなる 新契約へ更新する時 切替えまで旧法を適用

2015.11.02
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 私は、派遣法改正前の「いわゆる26業務(情報処理システム)」で派遣労働者として働いています。改正法の施行後も「施行日前に締結された派遣契約については従前の例による」とされていますが、いずれ派遣先・元が新契約への切替えを協議すると考えます。新契約への移行時に、それ以前から派遣されている労働者はどのような影響を受けるのでしょうか。【大阪・A子】

A

3年間の派遣がリミット

 改正前の「26業務」は、派遣受入期間の制限のない業務でした。しかし、ビルメンテナンス等の例外を除き、会社対会社(派遣先対元)の労働者派遣契約は3年更新の形を採るのが一般的でした。ですから、お尋ねのケースでも、いずれ現在の契約が切れる時期が到来します。

 改正後の派遣法では、新しい期間制限のルールを適用します。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年11月2日第3039号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ