派遣先と水準合わせる? 同一労働同一賃金適用で

2018.11.13
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 働き方改革関連法により、派遣社員についても「同一労働同一賃金」のルール順守が求められると聞きます。趣旨は理解できますが、具体的には、どのような形で賃金を決めるのでしょうか。派遣先の従業員と同レベルの待遇にする必要があるのでしょうか。【静岡・W社】

A

原則派遣先の賃金が基準 労使協定によることも可

 派遣法には、現行でも均衡待遇に関する配慮義務が定められています(改正前の30条の3)。しかし、働き方改革関連法により、派遣労働者の均衡・均等ルールは一新されます。改正派遣法は、平成32年4月1日施行です。

 新ルールは複雑で、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年11月15日第2318号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ