人事・労務・安全衛生の労働実務相談Q&A

NEW2021.01.26 【労働基準法】

職種ごとに代表者? 複数の1年変形制適用へ

キーワード:
  • 労使協定
  • 労務一般関係
  • 変形労働時間制
Q

 1年単位の変形労働時間制の導入を考えています。繁閑が異なることから、職種ごとに別々の労働時間を設定する予定です。労使協定は、過半数代表者を各職種のグループごとに選出し、それぞれと締結する必要があるのでしょうか。【宮城・R社】

A

1人と締結で問題なく

 1年単位の変形労働時間制を採用する際には、適用する事業場に過半数で組織する労働組合があればその労働組合、ない場合には労働者の過半数代表者と労使協定を締結したり就業規則による定めをすることが必要です(労基法32条の4)。たとえば事務職と営業職で…

回答の続きはこちら
2020.11.06 【労働基準法】

健康・福祉確保措置どうする 本人望み長時間在社 研究部門で裁量労働制

キーワード:
  • 労務一般関係
  • 裁量労働制
Q

 当社の研究部門で、裁量労働制により働く若手社員ですが、ICカードの記録をみると、在社時間が著しく長くなっています。本人曰く、「業務と直接関係ないが、興味深い研究結果が発表されたので内容をチェックしている。社内で作業する方が、資料・設備が整っているので効率が良い」ということです。健康・福祉確保措置という観点から、このまま放置していて問題ないのでしょうか。【大阪・C社】

A

個人の時間把握し検証を

 専門業務型裁量労働制を導入する際、労使協定を締結しますが、その項目の1つに「健康・福祉確保措置」があります(労基法38条の3第1項4号)。

 同措置を講じる前提として、「労働時間の状況」等を記録し、5年間保存する必要があります(労基則24条の2の2第3項2号イ)。ただし、経過措置として、当分の間、5年は3年に読み替えられます(労基則72条)。…

回答の続きはこちら
2020.10.06 【労働基準法】

任期の基準あるか 労使委員会設置する際

キーワード:
  • 労務一般関係
  • 裁量労働制
Q

 企画業務型裁量労働制の導入を考えています。労使委員会に関して、労働者を代表する委員となる者の要件の1つに「任期」という言葉が出てきます。具体的な上限や目安は何か示されているのでしょうか。【熊本・F社】

A

過度に長期では不適切

 労使委員会は、企画業務型裁量労働制(労基法38条の4第1項)を導入する際などに設置が求められます。委員の構成については、労働者を代表する委員が…

回答の続きはこちら
2020.09.25 【労働基準法】

備付けだけで十分か 規定を周知する方法 入社後新たに作成した際

キーワード:
  • パート
  • パワハラ
  • 労働条件
  • 労務一般関係
  • 就業規則
Q

 パート間でいじめに類する事件が発生し、首謀者と疑われる古株のパート社員に注意を促しました。パワハラ規定を提示しつつ説明しましたが、本人は「入社時に就業規則は交付されたが、その後、いつパワハラ規定ができたか自分は知らない」といいます。総務部に備え付けていましたが、この対応に問題があるでしょうか。【埼玉・C社】

A

法的要件満たすが要改善

 労働条件は、労使間で労働契約という形で定めるのが建前です。しかし、現実には細部にわたる事項は就業規則で定められています。このため、従業員が「この規定はみたこともない」といって、従おうとしないケースが発生します。就業規則の効力については、入社時に既に制定されていたか、あるいは入社後に変更されているかによって、解釈が異なります。

 ご質問のケースでは、「古株のパートさん」が入社後、ごく最近になってパワハラ関連の規定が整備されたと想像されます。しかし、「有期契約更新は、…

回答の続きはこちら
2020.05.29 【労働基準法】

消滅時効の起算点は? 労基法改正で延長 過去発生債務へ影響懸念

キーワード:
  • 労務一般関係
  • 消滅時効
Q

 労基法の消滅時効期間が延長されたという記事を読みました(令2・5・4日付本紙3255号16面)。当分の間、消滅時効期間は3年(退職手当は5年)となるようですが、その起算点はどのように考えるのでしょうか。今回改正の結果、過去の賃金不払いについても、さかのぼって新しい時効が適用されるのでしょうか。【秋田・H社】

A

「行使できる時から」のみ

 改正労基法の本則では、賃金の請求権を5年と定めていますが、経過措置により、当分の間、「賃金(退職手当除く)の請求権はこれを行使することができる時から3年」と読み替えられます(附則143条3項)。

 今回の時効見直しは民法改正を契機とするものですが、改正民法のように「主観的起点(行使できる時を知った時から)」と「客観的起点(行使することができる時から)」の併用という形は採られませんでした。…

回答の続きはこちら

年月アーカイブ

ページトップ