人事・労務・安全衛生の労働実務相談Q&A

2021.08.06 【労働基準法】

年少者にも適用可能? 1カ月単位の変形制 10人未満特例事業場で

キーワード:
  • 変形労働時間制
  • 女性及び年少者関係
Q

 当社では、小規模小売店で、週44時間の1カ月単位変形労働時間制を採用しています。このたび、従業員の募集をしたところ、高校中退の女性の応募がありました。フルタイム勤務という条件に対し、本人もやる気をみせています。しかし、年少者に該当するため、他の従業員同様のシフトが可能か心配しています。特例措置対象事業場の扱いは、どうなっていたでしょうか。【富山・G社】

A

週平均40時間に収めて

 満18歳に満たない年少者に対しては、労働時間関連の規定のうち、次の条文は適用されないと規定されています(労基法60条)。

① 32条の2から32条の5まで(変形労働時間制、フレックスタイム制)
② 36条(労使協定による時間外・休日労働)
③ 40条(労働時間・休日の特例)
④ 41条の2(高度プロフェッショナル制度)

 商業・サービス業等では、…

回答の続きはこちら
2020.08.07 【労働基準法】

延長の特例は使える? 年少者を雇用時に 他シフト免除し調整なら

キーワード:
  • 変形労働時間制
  • 女性及び年少者関係
Q

 当社は小売業で、短時間のアルバイトの中には、諸般の事情で高校に通っていない年少者もいます。労基法を調べたところ、「労働時間を10時間に延長する」特例があるようです。上司は、「突発的な事情で勤務時間を延長した場合、他のシフトを免除すれば、この規定の条件を満たすのではないか」といいます。本当に、そうした運用が認められるのでしょうか。【岡山・U社】

A

予め就業計画提示が要件

 労働時間については、労基法32条で原則を定め、32条の2以下で変形労働時間制その他の取扱いを定めています。しかし、18歳未満の「年少者」に対しては、原則として以下の規定を適用しないとしています(労基法60条1項)。…

回答の続きはこちら
2020.06.26 【労働基準法】

休職を産前産後に変更? 身分切り替えの必要性は

キーワード:
  • 女性及び年少者関係
  • 産前産後休業
Q

 現在、メンタルヘルス不調で私傷病休職の発令が出ている女性従業員がいます。通常であれば、産前休業に入るべき時期が近づいていますが、本人から請求があった場合、どのように対応すればよいのでしょうか。総務部内では、「既に休職発令されている以上、あえて身分を切り替える必要はないのではないか」という意見もあります。【長崎・B社】

A

考課査定で不利益禁止 解雇ができない状態

 産前産後の休業等(労基法65条)は、「母性保護のため」の休養を目的とします。そこで、「既に休職に入っている従業員に対して、重ねて休職を与える必要があるか」という疑問が生じます。

 この問題については、①そもそも休職の請求が可能か、②休職によりどんなメリットがあるのか、という2つの角度から検討する必要があります。

 ①に関しては、「法65条1項(産前休業)の請求を行うためには…

回答の続きはこちら
2019.08.27

年少者が管理監督者に? 適用除外の範囲知りたい

キーワード:
  • 労働基準法
  • 女性及び年少者関係
Q

 総務部門の若手数人が集まって、労働法に関する勉強会を開いています。先日は、労基法の年少者関係を取り上げたのですが、その回の担当者が「原則として時間外・深夜労働は認められない」と述べました。ところが、「年少者が管理監督者だったらどうなるか」という突拍子もない質問が出て、収拾がつかなくなりました。どのように考えるとよいのでしょうか。【兵庫・Y社】

A

時間外・休日労働は可能 深夜業は原則として不可

 労基法の中で、年少者の規定は「6章」にまとまっています。まずは、時間外関係からみていきましょう。労基法60条では、原則として、年少者(18歳未満の者)には以下の規定を適用しないと定めています。…

回答の続きはこちら
2019.08.10

女性の坑内労働は可能? 管理監督者なら解除か

キーワード:
  • 労働基準法
  • 女性及び年少者関係
Q

 トンネル工事に女性労働者を従事させることは、原則できないと考えています。例えば、法41条の管理監督者であれば、こういった制限もかからないといった考え方になるのでしょうか。【群馬・I社】

A

点検など「技術者」なら 人力・有害業務は制限

女性の坑内労働の規定は、全面禁止から緩和されてきた背景があります。施工技術の進歩、安全衛生技術の向上、そして規制緩和の要望がなされてきたことを踏まえ(労基法コンメンタール)、改正が行われてきました。

 現在の法条文を確認してみましょう。坑内業務の就業制限の規定は、法64条の2に設けられています。…

回答の続きはこちら

年月アーカイブ

ページトップ


ご利用いただけません。