女性の坑内労働は可能? 管理監督者なら解除か

2019.08.10
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 トンネル工事に女性労働者を従事させることは、原則できないと考えています。例えば、法41条の管理監督者であれば、こういった制限もかからないといった考え方になるのでしょうか。【群馬・I社】

A

点検など「技術者」なら 人力・有害業務は制限

女性の坑内労働の規定は、全面禁止から緩和されてきた背景があります。施工技術の進歩、安全衛生技術の向上、そして規制緩和の要望がなされてきたことを踏まえ(労基法コンメンタール)、改正が行われてきました。

 現在の法条文を確認してみましょう。坑内業務の就業制限の規定は、法64条の2に設けられています。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2019年8月15日第2336号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ