解雇制限の対象か? 産前休業請求ない場合

2016.11.21
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 リストラを行う場合等に、産前休業中の女性社員を解雇できないことは理解していますが、休業の取り方には個人差があり、早くから休む人も出産直前まで休まない人もいます。解雇制限の有無は実際休業しているかどうかで決まるのでしょうか。【鹿児島・T社】

A

解雇しないよう「指導」

 産前の6週間(多胎妊娠の場合は14週間)と産後の8週間の休業のうち、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年11月21日第3089号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ