人事・労務・安全衛生の労働実務相談Q&A

NEW2019.06.21

異動前後で労働時間通算か 36協定は営業所と同一 残業の上限規制が心配

ジャンル:
  • 労働基準法
  • 労働時間関係
Q

 時間外上限規制の強化についてですが、今後は従来にも増して、違法な残業が発生しないように管理する必要性を痛感しています。当社では、本社と2つの営業所で同一内容の時間外・休日労働(36)協定を結んでいます。事業場間で異動が生じた場合、時間外数に関してどのようなチェックが必要でしょうか。2事業場を通算して、違法と判断されるようなケースが生じるのでしょうか。【宮崎・O社】

A

月平均80時間をチェック

 労基法では、「事業場を異にする場合も労働時間を通算する」と定めています(38条)。事業主が異なる場合も含めて、本条の適用があります(昭23・5・14基発769号)。

 転勤は同一事業主の組織間異動ですが、営業所等が独立の適用事業場であれば、「通算」の対象になるという理解です。

 週40時間等の規制を受けるのは明らかですが、36協定の取扱いは必ずしも明確でありませんでした。厚労省は、今回の労基法改正を受け、…

回答の続きはこちら
2019.06.14

分割付与で基準日いつ? 統一すれば管理しやすい 10日付与した日にずれる心配

ジャンル:
  • 労働基準法
  • 休憩・休日関係
Q

 今年度スタートは間に合いませんでしたが、年次有給休暇の付与基準日を4月1日に統一する方向で検討を始めました。役員から「4月入社の新入社員については、分割付与したらどうか」という意見が出されました。せっかく基準日を統一しても、分割付与すると、また基準日がズレるのではないかという疑問があります。どのように取り扱うべきなのでしょうか。【新潟・M社】

A

時季指定の起点とも一致

 改正労基法により、「年5日の年休の確実な取得」が義務付けられました(労基法39条7項)。使用者は5日分の年休取得時季を指定しますが、この「指定のタイミング」を再確認しましょう。

 原則は、法定どおり(最初は6カ月後、その後は1年ごと)に年休を付与する日(基準日)から1年以内に指定します。しかし、前倒し付与…

回答の続きはこちら
2019.06.10

制度上問題ないか 「前払いサービス」増加

ジャンル:
  • 労働基準法
  • 賃金関係
Q

 最近「給与前払いサービス」を導入する企業が増えているそうですが、問題はないのでしょうか。【埼玉・K社】

A

違法でないが運用に注意を

 給与前払いサービスとは本来の給料日より前に、既に労働した分について発生した賃金から算出した一定額を労働者に早期に支払い、残余分を給料日に支払うものが多いようです。とくに貯蓄の少ない若い世代にニーズがあり、企業側にも若い人材を確保すべく、積極的に導入を図っているところがあるようです。…

回答の続きはこちら
2019.06.10

過半数代表の選出不要? 労使協定を自動更新に

ジャンル:
  • 労働基準法
  • 労務一般関係
Q

 労使協定を締結する際、過半数代表者の選任手続きに不備があると協定自体無効になることがあるといいます。その都度選任していますが、手間もかかりますしこの際、協定を自動更新する仕組みにしたらどうか、という意見がありますが可能でしょうか。【埼玉・P社】

A

異議あるか確認が必要 36協定は望ましくない

 労使協定の締結当事者は、過半数労働組合ではなく、過半数代表者として考えてみます。労使協定の種類はさまざまなものがありますが、例えば、時間外・休日労働(36)協定(労基法36条)、賃金の控除協定(法24条)、変形労働時間制(法32条の2など)やフレックスタイム制(法32条の3)などがあります。専門業務型の裁量労働制(法38条の3)をめぐっては、…

回答の続きはこちら
2019.05.31

曜日の巡りで割増避けたい フレックスタイム制を採用 法定枠に収める特例対象は

ジャンル:
  • 労働基準法
  • 賃金関係
Q

 当社ではフレックスタイム制を採用しています。改正法では、「祝日が少ない月(6月等)」に関する取扱いも変わったようです。従来の仕組みは利用していませんでしたが、改正後の規定が使いやすいようなら前向きに検討したいと考えています。どのような点が変更されたのでしょうか。【長崎・K社】

A

「完全週休2日」が対象

 「祝日が少ない月」の問題を、先に整理しましょう。フレックスタイム制は、「清算期間を平均して週40時間」を超えない範囲で労働させることができる仕組みです(労基法32条の3)。週(7日)の倍数で清算期間を設定してあれば問題ないのですが、暦月単位だとときに不都合が生じます。

 6月は、通常、土日が8日、平日が22日です。30日の法定枠は171・4時間(40時間×30日÷7日)ですが、22日間「普通に働くと」8時間×22日=176時間で、この総枠をオーバーします。

 従来(改正前)は、…

回答の続きはこちら

年月アーカイブ

ページトップ