賞与なら多く減額可能? 総額「10分の1」まで

2019.07.09
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 懲戒事由が発覚した者に対して、減給処分を検討しています。減給額に「限度」があることは承知していますが、月給から差し引くのではなくて今後は賞与を対象とすれば総額に比例させて、減給の額も多くできるという意見がありますが、そうなるのでしょうか。【神奈川・R社】

A

1事案は平均賃金の半分 査定部分に影響及ばず

 制裁のなかでも減給の制裁は、それが労働の結果いったん発生した賃金債権を減額するもの、ということになります。その額があまりに多額であると労働者の生活を脅かすおそれがあるとして、減給の最高限度を定めたのが労基法91条になります。

 就業規則で、減給の制裁を定める場合、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
2019年7月15日第2334号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ