端数処理はどう行う 労働時間の賃金換算

2017.01.27
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 1日の労働時間で生じた分単位の端数をカットすると原則法律違反ですが、1カ月の労働時間においては例外があったと認識しています。一方、労働時間を賃金に換算して端数が出た場合にも処理の決まりがあったかと思いますが、よく覚えていません。具体的にはどういうルールなのか、教えてください。【香川・P社】

A

一定条件下で四捨五入可能

 近年は給与ソフト等で処理をするため直接給与を計算する機会は減ってきていると思われますが、端数の取扱いには一定のルールがあります(昭63・3・14基発150号)。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年1月23日第3097号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ