月途中退職し割増清算なし? 1カ月変形制を採用 「1年単位」には明文の規定

2015.02.09
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 1カ月単位変形労働時間制の職場で、無断欠勤が続いた後、「最初の欠勤日の日付で退職処理してほしい」と電話してきた従業員がいます。慰留はムダと考え退職の手続きを採りますが、時間外について質問があります。上司は、「1カ月変形制の途中退職は清算不要のはずだから、時間外は一切払わない」といいます。そういう扱いが可能なのでしょうか。【福島・T社】

A

総枠内でも日や週で発生

 変形労働時間制は、業務の繁閑に応じた労働時間の配分を目的とする制度です。変形期間をフルに勤務した労働者の場合、特定の週・日に法定労働時間(週40時間、日8時間)を超えて働く日が設定されていても、所定労働時間は1週平均40時間を超えないはずです。

 しかし、変形期間の途中で職場から離脱(退職等)すれば、その時季に応じて損得が生じます。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年2月9日第3004号16面 掲載
ページトップ