1日8時間未満でも割増? 1カ月変形制を採用 所定労働時間超えた部分

2017.07.25
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 出向発令により、関連会社の人事部門を担当することになりました。元々は独立系の会社で、人事制度でも異なる点が多々あります。せっかく1カ月単位変形労働時間制度を採っているのに、所定労働時間を超えた分はすべて割増賃金の対象にしています。会議等の場で議論したらどうかと思うのですが、他社でも、こうした取扱いをする例があるのでしょうか。【長野・O社】

A

総枠超え見越して計算

 変形労働時間制は、所定労働時間の効率的な配分により、実労働時間全体の圧縮を図る仕組みです。単位期間内の週平均労働時間が40時間以内であれば、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年7月24日第3122号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ