日給作業員の割賃は? 労働時間が日々変動 1カ月変形制に準じたい

2020.08.28 【労働基準法】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社では、一部の現場作業員に対し、日給計算・月払いで賃金を支払っています。正社員に対しては、1カ月単位の変形労働時間制を適用していますが、「現場作業員に対しても、それに準じた勤務スケジュールを当てはめられないか」と考えています。1日の所定労働時間が変動する場合、日給作業員の割増賃金は、どのように計算すれば良いのでしょうか。【山形・Y社】

A

1週平均方式などで計算

 賃金制度をその計算期間で分類すると、時給・日給・月給制等に分かれます。一方、清算期間による分類も存在します。

 日給制といっても、その名のとおり、日々支払うパターンもあれば、ご質問にあるように、日給計算・月払いというパターンもあります。

 紛らわしいですが、日給月給制という仕組みもあります。これは、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年8月31日第3270号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ