時間外割増の考え方は 深夜含む16時間勤務 機械メンテで夜に作業

2020.12.11 【労働基準法】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 総務の前任者が突然、退職したため、急きょ、私が引き継ぎました。当社は機械のメンテナンスを行っていて、顧客企業の終業時刻後(夜)に業務を行うことがあります。場合により、連続16時間勤務(所定労働時間8時間)することがありますが、前任者は深夜割増を支払っているのみだったようです。時間外割増の問題は、どのように考えるべきでしょうか。【大分・H社】

A

始業繰下げや変形制活用

 顧客企業の終業時刻後、たとえば、午後7時から業務を開始したと仮定しましょう。この場合、貴社の始業時刻・終業時刻の繰下げ手続きを伴うので、原則として、就業規則上に繰上げ・繰下げに関する根拠規定を設けておく必要があります。

 停電・降雨等のケースについてですが、「終業時刻を繰り下げた場合、その労働時間が通算して8時間(法定労働時間)以内の場合、割増賃金を要しない」としています(昭22・12・26基発573号)。

 一方で…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年12月21日第3285号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ