時差出勤は併用できるか 1カ月変形制を採用

2022.04.26 【労働基準法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 1カ月単位の変形労働時間制を採用するには、あらかじめ労働時間を特定する必要があるとしています。従業員の中には育児や介護などにより時差出勤を希望する者もいます。変形制との併用は可能でしょうか。【香川・T社】

A

就業規則等の根拠必要 臨時に番方変更も可能で

 1カ月単位の変形労働時間制(労基法32条の2)を導入するためには、以下の要件を満たす必要があります。

 ①労使協定または就業規則その他これに準ずるものにおいて、②変形期間を1カ月以内の期間とし、③変形期間を平均し、週の法定労働時間を超えない範囲内としなければなりません。さらに、④変形期間における各日、各週の所定労働時間を特定する必要もあります。

 ①で労使協定は労使が合意しなければ成立しないのに対して、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
2022年5月1日第2401号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。