連続日数上限超えられる? 切替時に加算して 1年単位変形制を導入時

2020.07.03 【労働基準法】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 労働時間制度の弾力化のため、1年単位変形労働時間制の採用を検討していますが、詳細を調べているうちに単純な疑問が生じました。連続労働日数の制限は、通常の期間が6日、特定期間が12日となっています。通常の期間から特定期間に切り替わる時期(その逆も)に、両方の制限日数を加算し、連続労働日数が12日を超えるような事態も生じ得るのでしょうか。【岩手・O社】

A

制限あって12日が最長

 1年単位変形労働時間制では、1年平均で週の労働時間40時間という条件を満たせば、特定の月等に労働日・時間を集中させることも可能です(労基法32条の4)。ただし、その分、時間外労働や連続労働日数等の制限が厳しくなっています(労基則12条の4)。

 労使協定で定めるべき事項の1つに、「特定期間」があります。特定期間以外の期間(通常の期間)は連続労働日数6日以内とする必要がありますが、特定期間中は「1週間に1日の休日を確保すれば足りる」とされています。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年7月13日第3264号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ