特別条項なく5割増不要か 36協定は限度基準の範囲内 残業60時間超は「想定外」

2015.03.02
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 「月60時間超の時間外労働」について、中小企業に対する適用猶予を廃止し、5割以上の割増賃金支払を義務付ける方針が示されています(本紙平成27年2月23日付1面参照)。当社では、時間外・休日労働(36)協定は「労働時間の延長の限度等に関する基準(平10・12・28労働省告示154号)」の範囲内としています。特別条項がない事業場では、5割の割増賃金を支払うケースは「想定外」という理解でよいのでしょうか。【兵庫・G社】

A

時間の拘束ないことも

 使用者は、労働時間を適正に把握し、時間外・休日・深夜労働に対して所定の割増賃金を支払う義務を負います。しかし、「管理監督者およびみなし労働時間が適用される労働者」については、労働時間の把握義務が免除されています(平13・4・6基発339号)。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年3月2日第3007号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ