退職時に賃金払うべきか アルバイトが希望したら

2016.04.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 学生を休暇期間である数週間だけアルバイトとして採用しました。本人は勤務期間終了後、すぐに賃金を受け取れると思っていたようです。会社としては、その他の従業員と同様に賃金締切日後の翌月に支払うつもりでいたのですが、何か問題があるのでしょうか。【和歌山・O社】

A

請求あれば7日以内に 「金品の返還規定」あり

 労基法24条では、賃金を毎月1回以上、一定の期日を定めて支払わなければならないとしています。「毎月」とは、暦に従うものと解されていますが、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年4月15日第2256号 掲載
ページトップ