賃金として扱えない? ストックオプション制度

2016.10.10
Q

 研究開発や営業活動などで功労のあった社員に、インセンティブとして当社のストックオプションを付与する制度を設けようと考えています。このストックオプションは、給与の一部として社員に支払うことができないと以前聞いたことがありますが、報奨として付与することは許容されていると考えてよいのでしょうか。【東京・B社】

A

福利厚生や報奨なら可

 ストックオプションとは、労働者や役員が雇用主の自社株式を購入できる権利のことです。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成28年10月10日第3083号16面
ページトップ