早起きは「5割増」の得? 終業後よりも始業前選択

2015.11.01
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社の従業員が、終業時間後の残業よりも早朝の残業のほうが得だといいます。人がいない静かな環境で仕事がはかどるといったことはあるのかもしれませんが、同じ時間外労働に損得はないはずです。本人に確かめると割増率が5割増にアップするというのですが、理解できません。いったい何をいおうとしているのでしょうか。【長野・Y社】

A

朝5時までの労働なら 残業許可制にして管理

 1日8時間、週40時間を超えて働かせた場合に支払う割増賃金とは、通常の労働時間または労働日の賃金の計算額の25%以上(法定休日に関しては、35%以上)の賃金とされています(平6・1・4政令5号)。月60時間を超えた場合には、50%以上の割増率となります(中小企業は適用猶予)。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年11月1日第2245号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ