「3割6分」で足りるのか パートへ支払う休業手当

2014.11.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 先日、台風直撃のおそれから、早めに帰宅させるパートに対する休業手当の支払い有無について職場で話合いが行われました。その際に、「1日の賃金の3割6分」の補償で足りるという者がいたのですが周囲の理解を得られませんでした。どうしたらそのような額が出てくるのでしょうか。【茨城・H社】

A

最低保障額の6割計算 日給や時間給なら適用も

 休業手当の額は、「平均賃金の100分の60」です(労基法26条)。1日の一部を休業した場合は、その日につき、全体として平均賃金の100分の60まで支払わなければならず、実際に支給された賃金が平均賃金の100分の60に達しない場合には、その差額を支給しなければなりません(昭27・8・7基収3445号)。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年11月15日第2222号 掲載
ページトップ