休日8日で総枠超える? フレックス制の割増賃金

2016.05.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 4月からフレックスタイム制を導入しました。6月のカレンダーをみると、土日が8日となっています。1日8時間で22日労働した場合、176時間となります。法定労働時間の総枠は、約171時間ですから、超える分は時間外扱いになるのでしょうか。【山梨・O社】

A

200時間まで不要の特例 その他変形制に適用なし

 フレックスタイム制は、1カ月以内の一定の期間の総労働時間を定めておき、労働者がその範囲内で各日の始業および終業の時間を選択できる制度です。フレックスタイム制で時間外労働となる時間は、以下の算式により清算期間(1カ月以内)における法定労働時間の総枠を超えた時間となります(平11・3・31基発168号)。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年5月15日第2258号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ