定額支給でも割増から除外? 特殊作業手当の扱い 対象業務はなくなった

2016.11.28
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 担当者が退職したため、賃金計算事務を引き継ぐことになりました。当社の賃金体系には、特殊作業手当という項目があります。作業内容の革新により該当作業はなくなりましたが、労組との交渉に基づき継続して固定額が支給されています。前任者は割増賃金の算定基礎に含めていませんでしたが、除外賃金項目に該当しないように思います。どのように処理するのが正しいのでしょうか。【富山・H社】

A

「通常の時間」部分で算入

 時間外・休日・深夜の割増賃金は、「通常の労働時間の賃金」をベースとして算定します(労基法37条)。ただし、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年11月28日第3090号16面 掲載
ページトップ