賞与の一部現金手渡し? 先例聞いたことがない 通貨や直接払いとの関係は

2014.07.14
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 賃金の計算・支払事務を担当しています。中途採用の男性から、「今年のボーナスだけれど、10万円だけ現金で渡してほしい」と頼まれました。先例を聞いたことがありませんが、依頼のとおり処理して問題ないのでしょうか。本人から「上司には内緒にしてほしい」と懇願されて、対応に苦慮しています。【熊本・B社】

A

新たな振込同意書が必要

 賞与は、臨時に支払われる賃金その他と同様に毎月払い・一定期日払いの原則は適用されません(労基法24条2項)。しかし、月例賃金と同様に、通貨払い・直接払い・全額払いの対象とされています。

 お尋ねの問題について、まず「通貨払い」の原則を逸脱しないかという観点から検討します。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年7月14日第2976号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ