見習い期間の賃金いくら 本採用後と差設ける例

2017.08.29
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 飲食店のパートやアルバイトの採用をみていると、「見習い期間」として数カ月は時給を低く抑えているケースをしばしば目にします。当社工場においても、採用当初の賃金を低く設定しているところですが、差を設ける期間や何割までといった基準は示されているのでしょうか。【山梨・W社】

A

最賃が最低ラインに 「地域別」のみ適用も

 入社後一定期間を「試用」ないし「見習」期間とし、この間に労働者の人物・能力を評価して本採用とするか否かを決定している会社は少なくありません。そして、期間の定めがない正社員だけではなく、有期雇用であっても試用期間を設けること自体は可能です。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年9月1日第2289号 掲載
ページトップ