賃金請求権の時効は? 個別紛争から和解に

2017.07.19
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 退職した労働者との個別労働紛争で、あっせん不調で訴訟となり、和解に向けて再度協議することになりました。未払い賃金と自己都合から会社都合に変更することによる退職金の増額分のほか、場合によってはパワハラの慰謝料を支払う可能性があります。賃金の請求権は、2年より前のものは時効で消滅すると聞きましたが、いつの分までの賃金を支払うことになるのでしょうか。【東京・C社】

A

訴訟提起で時効が中断

 賃金や退職金の請求権は労基法115条に規定があり、賃金の他に災害補償や解雇予告手当で未払いのものは2年以内に請求しないと請求権が時効により消滅します。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年7月17日第3121号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ