どの程度差し引ける? 賞与から減給の制裁

2014.06.23
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 会社で不祥事があり、役員から管理職、一般社員に至るまで減給処分を行わざるを得なくなりました。間もなく支給する夏季の賞与から減額しようと考えていますが、労働者である社員からの減給には労基法上制約があったかと思います。賞与から差し引く場合はどう考えればよいのか、教えてください。【石川・C社】

A

10分の1以内であれば適法

 労働者に対して行う減給の制裁については、労基法91条に規定があります。そもそもどのような減給にこの規定が適用されるのかについては、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年6月23日第2974号16面 掲載
ページトップ