手当廃止し「基本給編入」? 人件費変えず内訳変更 残業代アップは避けたい

2016.01.11
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 今年4月から賃金制度を変更する方向で、検討しています。家族手当や住宅手当など「生活関連手当」と呼ばれる項目については、できるだけ縮小したいと考えています。単純に手当を廃止し基本給に編入すると、割増賃金の算定基礎がアップしてしまいます。当面、個々人に支払う手当の差額を縮小するという対応策を考えていますが、問題があるでしょうか。【新潟・O社】

A

実質みて割増基礎算入も

 基本給に付加する手当のうち、基準内部分(所定労働時間に対応する部分)は職務関連手当と生活関連手当に分類できます。

 一方、労基法では、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年1月11日第3048号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ