雇止めまでの賃金前払い? 休業させるが全額補償 パートは事前清算を要望

2015.01.19
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 事業内容の大幅見直しにより、一部のパートの方を雇止めする方針です。雇止めの期日までは休業してもらいますが、100%の賃金を保障します。1人のパートさんが、「退職日までの賃金を事前清算(先払い)してほしい」といっています。要望に応じて、特に問題ないのでしょうか。【長野・T社】

A

合意退職で残日数分保障

 労働(労務)は毎日提供されますが、賃金は支払日が到達するまで履行遅滞の責めに問われません(労基法コンメンタール)。基本的には、雇止め後、所定の賃金支払日に賃金を支払えば足ります。

 例外として、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年1月19日第3001号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ