欠勤控除額どう算出? 月で異なる所定労働日

2017.05.19
  • TL
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Q

パートタイマーの1月の労働日を15日とし、月給の総額を日割り計算して欠勤日に控除する「月給日給制」を採用しています。最近は人手不足で月によって16日から20日にしないと業務が回らない状況が生じてきました。実情に合わせて所定労働日数を増やし、結果的に日数が月によって変わる場合、欠勤控除はどのようにすればよいでしょうか。【鹿児島・P社】

A

月給日給制の控除額は、労基法37条の割増賃金単価の算出に用いられる…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成29年5月15日 第3112号16面
ページトップ