振替休日に賃金払うか 完全月給制を採用 休んだ日に控除できない?

2013.06.24
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 就業規則に基づき、振替休日を実施(土曜に出勤、同一週の水曜を休日に変更)したところ、中途採用した従業員から質問を受けました。「わが社は完全月給制だから、水曜を休日にしても、その分、賃金カットできないはず」というのです。そうすると、土曜出勤日に丸々100%の追加賃金支払いが生じますが、不合理ではないでしょうか。【岡山・I社】

A

労働日は増えず追加不要

 同一週で振替休日を実施した場合、一般には「法定休日出勤日については通常の賃金を支払えばよく、振替休日に賃金を支払う必要はない」といわれています。ただし、これは欠勤控除の規定があることを前提とします。

 お尋ねにあるように、完全月給制を導入している会社では、従業員にどう説明するかが問題となります。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年6月24日第2926号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ