日直手当が少なすぎる? 中高年者多い営業所 「3分の1」要件満たさない

2015.07.27
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 遠隔地に営業所があり、単身赴任で中高年者が多く勤務しています。会社公休日に日直勤務が発生しますが、「手当が少なすぎる」と不満の声が寄せられました。実際に計算したところ、営業所単位でみると「1人1日平均額の3分の1」という要件を満たしていないようです。金額改定の必要があるのでしょうか。【長野・T社】

A

割増賃金のベースで算定

 宿・日直勤務は所定労働時間外に設定され、原則どおりなら割増賃金が発生します。しかし、労基署長の許可を受ければ、労働時間・休憩・休日規定の適用が除外されます(労基則23条)。

 対象になるのは、「常態としてほとんど労働の必要がなく、定時的巡視、緊急の文書・電話の収受等を目的とするもの」に限られます(昭63・3・14基発150号)。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年7月27日第3026号16面 掲載
ページトップ